緊急輸送道路沿道建築物の耐震化助成(区市町村への助成)

緊急輸送道路とは、震災時に避難や救急・消火活動、緊急物資輸送の大動脈となる幹線道路をいいます。震災の被害を最小化し、早期復旧を図るためには緊急輸送道路沿道の耐震化を進め、建物の倒壊による道路閉塞を防止することがとりわけ重要です。
東京都では、緊急輸送道路の機能を確保するため、区市町村と連携して、緊急輸送道路の沿道の建物で地震により倒壊し、道路を塞ぐおそれのある建物を対象に、耐震診断、耐震改修の助成を行っています。

詳しくは建物の所在する区の窓口または東京都による耐震化総合相談窓口にご相談下さい。

 区市町村の相談窓口はこちら

 区市町村の耐震化助成制度はこちら

 東京都による耐震化総合相談窓口はこちら

<緊急輸送道路沿道建築物とは?